元Z会講師の京大出身経営者が教える勉強法

偏差値80&京大模試総合4位&英検1級の京大出身経営者が、最高に効率の良い勉強法を教えます

高校2年生で志望校が決まってない場合

志望校の決め方についてです。

 

ちょっと前の記事で「基本的に志望校など、偏差値が高いところから順番に決めていけば良い」とアドバイスをしました。

 

しかし

 

東北か早稲田か。

 

阪大か慶応か。

 

こんな微妙なケースもあるでしょう。

 

そこでそもそも論ですが、特に絶対的にこれがやりたいとかでない限り、

 

私立文系は圧倒的においしい

 

と思った方がいいです。

 

早稲田や慶応の文系学部は知名度やブランド力が高い割には、科目数も少なく難易度はそこまで高くありません。

 

ですから、早稲田慶応の文系は、端的に言うと非常にコストパフォーマンスが良く(かけた労力の割にリターンが大きい)、入りやすいので、私は東大京大以外の国立大学の文系学部に行く位ならば早稲田慶応の文系学部に行ったほうがいいと思っています。

 

とりわけ、受験まで一年を切ってもう時間がないけど何とか一流大学にいきたいならば、社会は政治経済にして早稲田大学の低い学部を乱射しまくる、という戦略が最高です。

 

それに小論文を足せば、早稲田慶応だけで6学部は受験できますから。

 

正直コストパフォーマンスという意味で、私は地方の旧帝大は少し微妙だと思っています。

 

北海道大学の文系学部に入る位なら早稲田や慶応の文系学部に入るほうがはるかに簡単ですから。

 

かと言って、東京での知名度を考えると別に北海道大学九州大学より早稲田や慶応の方が優れているわけですから、地方の旧帝大を積極的に選ぶ理由は何一つありません。

 

本当に経済的にどうしょうもないのであれば地元の旧帝大を選ぶべきかもしれませんが、「なんとなく地元に残りたい」くらいの気持ちであるならば絶対に東京の早稲田慶応に行くべきです。

 

なぜならば、もし就職して東京に出てきて「ああ、やっぱり地元の旧帝大ではなく慶応に行っていればよかった」と学閥なので苦労して後悔する可能性はあるかもしれませんが、逆の悩みはおそらくないからです。

 

そのように考えると、医学部とかのレベルで絶対的に志望が固まっていないのであれば、文系か理系なら間違いなく文系に、東大と京大以外の国立大学なら間違いなく早稲田慶応に、というのが最もコストパフォーマンスが良い選択です。

 

受験生をやっていると「入学試験の難易度」に過剰にこだわる人もいるかもしれませんが、残念ながら社会人になって大学の話になったとしても大学入試の具体的な難易度など話題になりません。

 

所詮大学名など初対面の時の印象でしかありません。

 

そのように考えると「印象がいい大学」を選ぶことが大切で、入試難易度などは別にどうでもいいのです。

 

こういった視点で志望校を選択してください。

 

 

早い段階で自分にあった勉強を

私もこのブログで色々と勉強法について述べていますが、究極的には自分の勉強法は自分で考えるほかありません。

 

いくら自分の志望校の先輩が「これがいいよ」と言ったところで、所詮それは「その先輩にとって良かった勉強法でしかありません。

 

まぁ一応自分の志望校の合格者の多数派の人間が言っていることはそれなりに重視するべきですが、それですら絶対ではありません。

 

早い段階に試行錯誤して、朝型がいいのか、夜型がいいのか?、予備校中心がいいのか、参考書中心がいいのか?などをしっかりと見極めないといけません。

 

究極的には、勉強法など受かればなんだっていいのです。

 

勉強法の研究は大切ですが、いくら勉強法を考えても勉強はできるようになりません。

 

そこら辺のバランスを失わないように、そこそこ勉強法を考えつつ、早く自分なりの勉強法を確立して勉強の中身のほうに神経を集中させてください。

模試をどのように活用するか

「模試は間違い直しと弱点の発見が目的」などとよく言われます。

 

また、「D,E判定でも受かる人はたくさんいる」と言う人もいます。

 

しかし、私は

 

模試は本番の試験だと思って1ヵ月ぐらい前から死ぬ気で努力するべき

 

だと思います。

 

なぜならば、

 

模擬試験は最高の「締め切り」だから

 

です。

 

人間は締め切りがあることによって必死になれます。

 

そもそも皆さんが今本気でがんばっていうのも「受験」という「締め切り」があるからです。

 

しかし、受験の前に早い段階で本気になるために、模試を「プレ〆切」として活用するべきだと思うのです。

 

やはり試験はモチベーションを最高に上げてくれます。

 

私もマックスで京大模試で4位でしたが、やはり「京大模試で30位以内に入る」といった目標は勉強の激しいモチベーションになりました。

 

ですから、みなさんも「模試はあくまで通過点」、「模試は弱点がわかれば良い」などと考えないでください。

 

「絶対にA判定」、「絶対に成績優秀者の1ページ目に載る」と強い決意をして模擬試験に臨んでください。

 

よく「Aで落ちた」、「Eで受かった」などと言いますが

 

統計的には圧倒的にAで受かっている人間が多く、DやEで受かっている人間は圧倒的に少数派

 

です。

 

特に東大模試や京大模試といった冠模試は予備校もその威信をかけて問題を作ってきますから、そこまで判定があてにならない事はありません。

 

ですから、模擬試験には本番の試験と同じ位の勢いで死ぬ気で臨んでください。

 

そして模擬試験のためにベストを尽くすことが、最終的な合格にもつながると思います。

 

「模試は弱点さえ見つかれば良い」、「模試の結果に一喜一憂してはいけない」なんて戯言です。

 

死ぬ気で結果を出しましょう。

同じ問題

よく受験のアドバイスで「同じ問題集を繰り返し解きなさい」、「同じ文章を何度も読みなさい」というものがあります。

 

しかし、このアドバイスは「勉強の段階」に応じて、「正しい」とも「正しくない」とも言えます。

 

まず勉強が進んでいない科目や分野に関しては、同じ問題を繰り返し解くことは非常に役に立ちます。

 

私がよく予備校講師時代に言ってたことですが、「同じ問題」は試験には出ませんが「同じ思考回路で解く問題」は世の中に無限にあります。

 

その思考回路のパターンを築き上げる上で同じ問題を解く事は非常に有益ですから、勉強がまだ進んでいない科目等に関してはやはり同じ問題を死ぬほど繰り返しましょう。

 

ただし、ある程度勉強が進んでくると、ただ単に同じ問題を繰り返し解いていてもあまり効果がなくなってきます。

 

なぜならば、ある程度「難しい問題」というのは、「パターン」だと簡単に見破られないような体裁の問題ですから、そのパターンを見抜くための練習は「初めて見る問題」でやらないと意味がないためです。

 

「同じ問題集を何度も繰り返せ!」というアドバイスはしばしばなされますが、これも科目や時期によって大きく異なりますから、自分なりに現状を把握した上で、「同じ問題集を何度も繰り返すべき」か「新しい問題をどんどん解くべき」か、を正確に判断するべきです。

 

 

 

 

 

問題の難しさ=受かりにくさ、ではない

問題集等を解いていると、

「一橋大」、「明治大」といった形で出典が書いてることがあります。

 

こういった時に「やっぱり上智の英語は難しい」、「一橋の世界史は日本一難しい」といった感想を持つ人がいます。

 

しかし、これは完全に間違いです。

 

受験の難しさというのは、問題の難しさではなく周りの受験生との相対評価で決まります。

 

よく「京大は東大より問題が難しい」、「一橋の数学は東大より難しい」と評価されることがありますが、だからといって京大や一橋より東大のほうが受かりやすいはずがありません。

 

結局受験生のレベルは東大が日本一だからです。

 

問題が難しければみんな解けませんし、逆に問題が易しければみんなできるわけですから、問題の難易度自体は試験の難しさと直接関係はありません。

 

あなたが仮に偏差値55位の成績だとして、東大の入試問題に挑戦したとします。

 

しかし、あなた以外の受験生が全員小学生ならどうなるでしょうか?

 

小学生なら当然0点、そして偏差値55のあなたでも東大の入試問題で100点満点中7点ぐらいは取れますから、当然「相対評価」で合格します。

 

逆にあなたが偏差値75だとして、明治大学の入試問題に挑戦したとします。

 

楽勝でしょうか?

 

そんな事はありません。

 

皆さん以外の受験生が全員東大理3の学生なら?

 

あなたは偏差値75ですから、明治の問題で88点は取れるかもしれませんが、他の受験生は95点位とってくるでしょう。

 

こうなると皆さんは当然落ちます。

 

極端な例を出してみるとわかることですが、入試問題の問題自体の難易度と「試験の受かりやすさ」は全く別物です。

 

入試問題だけを見て「この大学は簡単だ」とか「この大学は難しい」などと判断してはいけません。

 

繰り返しますが、問題が難しければみんなできませんし、問題が易しければみんなできるからです。

 

受験は「相対評価」であることを忘れないでください。

当たり前のことを当たり前にやる

別の記事でもいいましたが、私がこのブログで申し上げてることなど、ある程度勉強ができる受験生や難関大学の合格者であれば「無意識にあたりまえに」やってることです。

 

ただその「当たり前」を言葉にして説明してることにこのブログや他の勉強法のブログの意味があるだけで、方法論なんてどんな方法論もある程度できる人からしてみたら「当たり前」です。

 

「授業ではなく自習を重視する」

「教科書を読むより問題集を解くことを重視する」

「よくわかんなくても全体を先に把握する」

etc

 

こんな事は難関大学の合格者であれば当たり前のように誰でもやってることです。

 

当たり前の事を当たり前にすれば成績は上がるのですが、この「当たり前」のことがほとんどの受験生はできていません。

 

受験生の95%は、端的に言えば当たり前のことを当たり前にすらできいないわけですから、裏から言えば、当たり前のことを当たり前にこなして努力するだけで偏差値65(河合全統)はいきます。

 

これは個人差がありますが、当たり前のことをこなした上で「さらに先の世界で差がつく」のは国立医学部東大京大位です。

 

筑波大神戸大早稲田慶応ぐらいまでは、当たり前のやるべきことを死ぬ気でやればほぼ間違いなく合格します。(ただ、こういった勉強を淡々とこなせること自体がある程度才能なわけですけど、「地頭」的な要素はそこまでスーパーのものは必要ないということです。)

 

私も月並みの教材を淡々とこなすだけで得意科目は偏差値80を突破しましたし、京大模試もほぼトップの成績になりました。

 

当たり前のことを当たり前にこなす。

毎日淡々と努力する。

 

これが月並みですが一番大切です。

 

「特別の方法論」など、自分では不要ですしそもそもそんなものは存在しません。

 

皆さんも私のブログを始め様々な勉強法を参考にする必要はありますが、所詮勉強するのは皆さんです。

 

難関大学の合格者の体験記や有名な塾の無料動画がスマホで簡単に手に入る時代ですが、そんな時代だからこそ「勉強するのは自分だし、自分が勉強しないことには成績は上がらない」という「当たり前」のことをぜひ忘れないようにして下さい。

ギリギャル/受験に才能はいらないか?

よく「受験に才能はいらない、努力と情熱だ」といったことを言う人がいます。

 

本当でしょうか?

 

私はこれは嘘だと思っています。

 

そもそも「努力か才能か」という二者択一的な議論をしている時点であまり頭が良くないと思いますが)

 

私は勉強にも基本的には才能がいると思っています。

 

ただ、その才能のレベルが芸術やスポーツのようなスーパーな才能である必要がないというだけです。

 

また、才能と言っても、東大理3に受かるのに必要な才能と東大に受かる才能、早稲田に受かる才能はそれぞれレベルも程度も違います。

 

才能といって何をイメージするか人によって違うと思いますが、私は記憶力や理解力といったレベルの才能に関しては本当にそこまでいらないと思っています。

 

しかし、実は受験勉強で一番大切なのは「努力し続ける才能」です。

 

これに関しては、正直、その才能がすごくある人とない人で全然結果が違ってくると思います。

 

そんなに単純ではないですがあえてパイチャートにすると、頭の才能が2、努力し続ける才能が5、純粋に個人がコントロールできるレベルの努力が3くらいだと私は思っています。

 

これが東大理3あたりですと、5,4,1位の割合になるわけですが。

 

結構一生懸命がんばっても勉強時間が1日は5時間位までにしか伸びない人は、どうやっても本気の集中力で10時間以上勉強することはできません。

 

それは努力不足なのではなく、純粋に努力する才能がないわけですから本人に責任はありません。

 

こういった事実を無視して「努力すればできる」と信じて疑わない指導者はもうちょっと一般の読書をするべきです。

 

f:id:HK2125:20170626235618p:image

 

もはや遺伝的に努力する才能が8割方決まってるというのは自然科学的な真理ですから、これに逆らうのは重力を否定するくらい馬鹿げていることです。

 

このように、勉強時間にしても人によって限界は違います。

 

私は1日4時間〜8時間勉強できる才能はありましたが、夏休みなどでもコンスタントに1日10時間以上勉強することはできませんでした。

 

これが「努力する才能」の限界です。

 

この「努力する才能の限界」の存在を認めて、自分ができる範囲で努力するのも受験勉強の大切な意味です。

 

私が受験生に「受験に才能はいるか?」と聞かれたら、以下のように答えます。

 

 

「もちろん才能はいる。そもそも机に座って勉強できること自体が才能だ。理解力や記憶力だって人によって違う。それから、小学校1年生から17歳までの11年間勉強の習慣ができてる人間とそうじゃない人間が同じ土俵で勝負しようと思っても無理だ。残念ながら本当の学力は1年や2年で身につくものじゃないのだから。君の今の偏差値と勉強の姿勢を見ていると正直東大や京大は厳しい。早稲田慶応も厳しいかもしれない。でも、君ができる範囲で必死に努力すれば明治や同志社には行けるだろう。勝手に限界を作ってるようで申し訳ないけど、僕は無限の可能性なんて人にはないと思ってる。それでも自分の器をわきまえて努力することに君が自分の人生を生きる意味があるんじゃないかと思う。できる範囲で本気で頑張れよ!!」(※具体的な学校名は人によって違います。「東大は無理だけど早稲田慶応なら受かる」となる場合もあります)