元Z会講師の京大出身経営者が教える勉強法

偏差値80&京大模試総合4位&英検1級の京大出身経営者が、最高に効率の良い勉強法を教えます

高校2年生で志望校が決まってない場合

志望校の決め方についてです。

 

ちょっと前の記事で「基本的に志望校など、偏差値が高いところから順番に決めていけば良い」とアドバイスをしました。

 

しかし

 

東北か早稲田か。

 

阪大か慶応か。

 

こんな微妙なケースもあるでしょう。

 

そこでそもそも論ですが、特に絶対的にこれがやりたいとかでない限り、

 

私立文系は圧倒的においしい

 

と思った方がいいです。

 

早稲田や慶応の文系学部は知名度やブランド力が高い割には、科目数も少なく難易度はそこまで高くありません。

 

ですから、早稲田慶応の文系は、端的に言うと非常にコストパフォーマンスが良く(かけた労力の割にリターンが大きい)、入りやすいので、私は東大京大以外の国立大学の文系学部に行く位ならば早稲田慶応の文系学部に行ったほうがいいと思っています。

 

とりわけ、受験まで一年を切ってもう時間がないけど何とか一流大学にいきたいならば、社会は政治経済にして早稲田大学の低い学部を乱射しまくる、という戦略が最高です。

 

それに小論文を足せば、早稲田慶応だけで6学部は受験できますから。

 

正直コストパフォーマンスという意味で、私は地方の旧帝大は少し微妙だと思っています。

 

北海道大学の文系学部に入る位なら早稲田や慶応の文系学部に入るほうがはるかに簡単ですから。

 

かと言って、東京での知名度を考えると別に北海道大学九州大学より早稲田や慶応の方が優れているわけですから、地方の旧帝大を積極的に選ぶ理由は何一つありません。

 

本当に経済的にどうしょうもないのであれば地元の旧帝大を選ぶべきかもしれませんが、「なんとなく地元に残りたい」くらいの気持ちであるならば絶対に東京の早稲田慶応に行くべきです。

 

なぜならば、もし就職して東京に出てきて「ああ、やっぱり地元の旧帝大ではなく慶応に行っていればよかった」と学閥なので苦労して後悔する可能性はあるかもしれませんが、逆の悩みはおそらくないからです。

 

そのように考えると、医学部とかのレベルで絶対的に志望が固まっていないのであれば、文系か理系なら間違いなく文系に、東大と京大以外の国立大学なら間違いなく早稲田慶応に、というのが最もコストパフォーマンスが良い選択です。

 

受験生をやっていると「入学試験の難易度」に過剰にこだわる人もいるかもしれませんが、残念ながら社会人になって大学の話になったとしても大学入試の具体的な難易度など話題になりません。

 

所詮大学名など初対面の時の印象でしかありません。

 

そのように考えると「印象がいい大学」を選ぶことが大切で、入試難易度などは別にどうでもいいのです。

 

こういった視点で志望校を選択してください。